6人目の朗読をお送りします。「あなただけに読むための朗読教室」第2回発表会

毎週土曜日午後9時に、あなただけに読む朗読会youtubeチャンネルにて、2021年2月28日(日)無観客開催の「あなただけに読むための朗読教室」第2回発表会の模様をお送りしています。

1~5人目までの朗読は、あなただけに読む朗読会You Tubeチャンネルにて公開致しております。また、朗読の部屋でもご覧いただけます。

さて、先週末公開いたしましたのは、島津優子さんの朗読で、海野十三作「最小人間の怪」~人類のあとを継ぐもの~です。

今回が、初舞台の優子さん。練習熱心なあまり、喉を傷めてしまい、直前まで声を出せない状態でした。医者にはもちろん行きましたし、喉にいいといわれる飴やマヌカハニーなども試し、ひたすら回復を待つのみ。日にちが迫ってくる中で、焦りもあったことでしょう。

当日は、読み始めこそ、慎重な面持ちでしたが、物語に入っていくにつれ、どんどん集中力を増して、引き込んでいく・・・。

ずっと声を出せないときにやっていたことは、とにかくイメージを作ること。映像をご覧いただければわかりますが、彼女の目線は、しっかりそれぞれの登場人物の視点になっています。単にゼスチャーではないことは、読みに表れています。この話の最後に、上野の科学博物館に展示されていた、とまことしやかに書いてあるのですが、発表会のときに聴いていた他の受講生の方が、「わたし、それ見ました!」と声を掛けていらっしゃいました。

ミリタリーの衣装と、彼女の不思議な魅力が、この話にぴったり。初舞台にして、これだけ惹きつけるなんて本当に素晴らしい。これからますます面白い読みを聴かせてくれることでしょう。

「あなただけに読むための朗読教室」詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です