「あなただけに読むための朗読教室」第三回発表会、無事終了しました。

2022年6月25日土曜日。「あなただけに読むための朗読教室」第三回発表会、無事終了いたしました。
プログラムとフラワーアレンジメント

あれほど心配した雨でしたが、当日は、梅雨とは思われないほど朝から急激に気温が上がり、熱中症が心配なほどのいい天気となりました。

出演者のご主人に、「小堀さんの朗読会のときは、いつも雨とか、嵐とか、すごい天候ですよね」と声を掛けられ、本当にそうだなぁ、と思いました。いゃ、こんなに晴れなくても・・・💦

当日、ひょっこりお越しいただいた方もいらっしゃり、大入り満員!久しぶりのこの光景に、昨日までの心配が吹き飛びました。本当に有難いことです。

「発表会」ですので、初めて朗読を聴く方という方も、知り合いの〇〇さんに誘われたから、という方が殆ど。中に15分の休憩があるので、前半にお目当ての方がいたら、後半は帰る、という方も当然いらっしゃいます。前半聴いて、サーッツっといなくなっちゃったら、どうしよう。後半に知り合いが読むから、前半は見ない、って人が大勢いたらどうしよう。明日は、気温が尋常じゃないな、熱中症の方が出たらどう対処しよう。地震が来ときの避難経路は?誘導は?そんなことも頭によぎります。

蓋を開けてみたら、殆どの方が、開場早々にお越しになり、最後まで聴いてくださるという・・・。そして、盛大な拍手・・・。

舞台終了のあいさつ。一同礼。

この記事を書いているのは、あの日から3日後の火曜日。もう、ずっと昔のことのように感じます。会場のライトが当たっている写真は、どれも非日常で、着ているものも衣装、目の前にはこんなにも沢山のお客様・・・あれは、夢か幻か・・・。

1番目、島津さん。

2番目、國重さん。

3番目、南さん。
4番目、大澤さん。
5番目、はらさん。
6番目、高岩さん。
7番目、須山さん。
8番目、松本さん。
9番目、森田さん。
10番目、赤須さん。

前日まで、当日の段取りをシミュレーション。動線を確認して、ビデオカメラや三脚、機材、受付の持ち物、プログラム、チケット、お釣り、香盤表、台本、感染対策グッズ、出演者の記念品、楽屋の準備、BGMのCD。あと、自分の衣装など忘れ物のないよう。もし忘れたときの手段などを考える日々。「絶対!何か起こる!」といつも最悪のことを考えてしまいます。

何というか、性分ですね。

出来立てのプログラム。

2日前に出来上がって来たプログラム。チラシもチケットも、全て自作です。
発表会の主役は、受講生様。そして、ご来場下さるお客様。支えてくれるスタッフ。当日の裏方。

美しき黒服三人衆。
会場スタッフ。
うまい下手より、見たことない私がいることに驚いたようです😅
頑張っている姿に涙がでできたとも…。
発表会自体も「夢の世界にいるようでした」「感動した」「朗読会を教えてくれてありがとう」と嬉しい反応がありました😆
高校の時の友達が、最近ナレーションの勉強をし始めたとかで、「とても勉強になった」と言っていました。
この会に入って、先生のご指導のもと、頑張ってよかったって思います😆 (初出演の受講生さまより)

その方々が、来てよかった!出てよかった!と、現実の世界から離れて、束の間の非日常を味わってもらえたら・・・。と、そこだけに集中する。

これまで演者として舞台に立つことの方が多かったのですが、沢山の受講生さまと出会うことで、こういう役割も務めさせて頂くことが増えました。どちらかというと、こちらの方が喜びが大きい。

大好きな人が喜んでくれる姿が見られるというのは、こんなにも心が豊かになることなのか。

この喜びを胸に、次へと参ります。

出演者、スタッフ一同。

アメブロの記事、「満員御礼!「あなただけに読むための朗読教室」第三回発表会!」もご覧くださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。